スーツ姿の女性

内定への道

書類とペン

内定への道が開ける可能性がある

大学生の就活で一般的になっているのがインターンシップです。就職を希望する会社で一定期間実際に業務を体験する事ができるので、就職後の生活を具体的に描きやすいと言うメリットがあります。また、実際に業務を行うことでインターンシップを受け入れている会社の人からも評価を受けることができるので就活では有利になります。真面目に頑張っていると評価してもらうことができるので、インターンシップに参加すると内定に近づくことができるかもしれません。しかし、言い換えると基本的なマナーや常識が身に着いていなければ悪い印象を与えることになります。社会人としてのマナーは学生の間に身に付けることは難しいですが、基本となる挨拶と身だしなみは不快な印象を与えないように注意してください。

企業側は優秀な人材を確保するために必死

企業側は、優秀な人材を確保したいと思っているので就活でも様々な工夫を行っています。数分程度の面接ではその人物を判断する事ができませんが、インターンシップで就活生を受け入れることにより、その学生がどのような人間かを直接評価する事ができるので有効な手段になっています。少子化により、若い世代が減少しているので企業は優秀な人材を確保するためにしのぎを削っています。団塊の世代の大量退職も控えているので、労働人口自体が減少していると言う現実もあります。インターンシップで実際に人となりを見ることができることが企業にとっては大きな魅力になります。即戦力として活躍できる人材を見つけることができる可能性もあるので、企業にとっても大きなメリットがあります。