スーツ姿の女性

建設業界

歩くビジネスマン

建設業界の超繁忙に対する求人対応

インターネットの求人サイトでは施工管理技術者の求人が目立っています。提示される年収にしても一貫して上がり続けていて、正規社員と同様の処遇に近づいています。建設業界は超繁忙状況が続いており、施工管理の技術者が不足しています。工事量は潤沢にありますが、建設業法で義務付けられている建設現場への施工管理者の常駐が実現できない状況になっています。求人を継続的に行っていますが、満足な結果が得られていません。今後も東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まではこの繁忙状況が続くのではないかと予想されています。行政サイドでも最近の傾向に対処するために一定の条件はありますが、施工管理者の兼任を認める異例の措置を行っています。

施工管理者がいないと仕事が受注できない

建設業界では施工管理者の奪い合いの状況が起こっていますが、建設業法の制約のもとで資格者を抱えていなければ工事受注を断念せざるを得なくなります。特に官公庁工事の一部では入札段階に当該工事の施工管理者を選任する必要がありますので、該当する工事に必要な実績を保持している技術者をどれだけ抱えているかに掛かっています。現在の求人では具体的な資格者ごとに年収の提案をしている求人サイトも見られるようになっています。こうした求人にも技術者が集まらない理由が建設不況の時にリストラによって建設業界を去った技術者が既に他の業界で戦力になっているのに加えて、この建設業界の繁忙状況がいつまで続くかの見極めが出来ないことによるものです。